葬儀見積りで安い費用の葬儀社

MENU

すぐわかる!葬儀見積り

葬式を見積もりに出すとわかりますが、葬儀業者によってその額は異なります。

 

高い料金契約で意に沿わない取引になってしまわないように、一社だけでなくいくつもの業者から見積もりを出してもらうようにします。
けれど、そうして提示される見積もりの金額と業者がエリアや形態別に葬式をちゃんと調べた上で出す見積もり額は変わってくるものですから、じゅうぶん注意してください。
時々、低価格の見積もりを出して客を誘い、実際に出してきた見積もり額は相場以上になっているという悪い業者も存在します。

 

先ずは資料請求で見積もりを取って相場を確認することが大切です。

 

年間1万件以上の実績で安心の業者に資料請求

↓↓↓    ↓↓↓

 

葬式業者で家族葬の見積もりを受けたいと考えた時、一つの業者だけに見積もりをお願いするのは良くありません。なぜならそことは違う業者を選んでいたならもう少し安い見積もり額がついていた可能性を否定できないからなのです。

 

>月々5000円の分割払いにも対応<

 

ここ数年のことですがネットを使って容易にいくつかの業者に同時におおまかな額を出してもらってざっと比較検討ができます。それなりの手間暇をかけることになったとしても、多くの業者によって見積もりを受けておくと最終的に見積もり額ダウンに繋がることが期待できます。

 

葬式の見積もりをネットでしてみるつもりで各業者のサイトを巡ってみると、個人情報を書き込まないといけなくなっているところが大部分であるようです。家族葬の見積もりを申し込んでみたいけれども、しつこく電話がかかってきたりしないかなどの不安から、見積もりの手続きをネットで行なうことに気が引けてしまうかもしれません。しかし、最近の傾向として、個人情報特に電話番号を入れなくても額が大体わかるようになるサイトもいくつか出現していますので、試しに利用してみるのはいかがでしょうか。

 



 

費用の確認のため、業者の見積もりを取り寄せたくなったときは、一つの業者だけに見積もりをたのまず必ずいくつかの業者を使い、次に日程確認を済ませ、契約時に必要になる書類はちゃんと用意しておくことです。これも大事なことですが、後の方になってから話がもつれるようなことになってはいけないので、追加費用がかからないかどうかははっきり伝えて確認しておくべきことはきちんと伝えておくべきでしょう。もし見積もり額にどうしても納得できない場合はそこでの契約は断念し、気持ちに逆らって後悔の種を残さないようにします。

 

最低価格や費用確認のための見積もりであれば、ネット上の一括見積もりサービスを使うのが良いでしょう。これを利用しても、業者から営業電話が入って来ることはありませんし、メールの案内が来ることはないので安心していいと思います。

 

家族葬の費用についてですが、火葬のみを選ぶ人も割と多くいます。支払いの面でとにかく楽で、全て含まれているので、寸志や戒名代もかからないのです。あちこち見比べるのが億劫な人は自宅に業者を呼ぶスタイルの見積もりよりも、費用面で安心な小さなお葬式がいいと思います。

 

近頃のネットサービスは、勿論スマホで行なえるのをご存知でしょうか。パソコンをあまり使わないという人もネット上にあるオンライン一括見積もりのサービスを使えるということですから、大変便利ですね。見積もり額をなるべく安く出してくる業者を見つけ出すため、ぜひ複数の業者で見積もりを受けましょう。夜でも開いた時間に調べれば業者探しの効率がもっと上がりそうですね。

 

年間1万件以上の実績で安心の業者に資料請求

↓↓↓    ↓↓↓

 

ネットを使って、相場を調べることができるでしょう。いわゆる大手の葬式のを行っている業者のホームページで、コースによって異なりますが、大体の相場がでてきます。相場を知っていれば、高すぎたと公開することもなくなるので、事前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。

 

高品質&最安値&安心【月々5000円の分割払いから申込みOK】

見積もりとプランのバランスを考える

葬儀のプランを考えるときに、まず考えたいのが、何を優先するか、です。

 

「身内だけで静かに過ごせる会場でゆっくりと別れの時間を過ごしたい」
「にぎやかなことが好きだったから、好きなミュージックをかけて、みんなでお酒を飲みながら思い出を語り合いたい」

 

などといった希望であれば、周囲を気にせずに家族葬が行える会場選びが重要になってきます。

 

家族で静かに過ごしたくても、同時に複数の葬儀が行われるような斎場や、隣の音が聞こえるような会場では思いどおりの家族非は実現できません。

 

「とにかくお金はかけず簡素に、でも心を込めて送りたい」と考える人もいるでしょう。
葬儀社に依帆する前に、どのくらいの費川をかけるかも考えておきます。
予算の総額、費用をかけたい項目、省いていい部分など、希望をしっかりと弗儀社に伝えてプランを作成してもらいましょう。

 

故人の人生や趣味、仕事などをしのぶことができる写真や愛品を祭壇や棺のそばに飾ったり、最後のお別れでは孫たちが手紙を読んだり、子や孫が楽器を演奏したり、時間に迫われる一般の葬儀ではできないことも家族葬では可能です。

 

希望どおりの葬儀を実現するためには非儀社選びが大事です。
できればいくつかの葬儀社に嘔」前相談をして比牧検討し、見積もりを出してもらいましょう。

 

「家族葬」という名前のプランがついていても、葬儀社によって解釈に違いがあるので注意が必要です。

 

 

 

トラブルを防ぐために皿注意しておきたいこと

葬儀に参列する「家族」の範囲 故人のf、孫などの家族としての最小単位でのみ葬儀を行うのか、その他の親族にも参列してもらうのか、故人とごく親しかった友人には知らせるか、など。

家族葬の費用について

家族葬だと費用が安くなるのでしょうか?

家族葬だと参列者の人数が減りますので、式場が小さくて済み、祭壇の小型化が可能ですが、必ずしも大幅に安くなるとは限りません。
例えば、食事の量、大人数だと立食形式になるので、それぞれが一口つまむ程度の準備で大丈夫でも、人数が少ないと1人分に相当する量の準備が必要となります。

 

香典返しについても、当日渡す量は確かに減りますが、葬儀後に送られてきた香典や花、線香などに対して渡す分を考えると、逆に出費のほうが多くなってしまうヶ一スもあります。

 

葬儀の場所を決めるポイントは?

葬儀の場所を決めるときは「集まりやすい場所であること」「参列者の人数」「費用」「設備_などを考慮して決めます。
式場の情報は、一般ではなかなか手に入りにくいものです。葬儀社が条件に合った式場を提案してくれます。

 

・自宅の場合

片づけや整理が大変、他人の目が気になるといった理由で、自宅で葬儀を行う人が減っています。
テントなど外装を必要としない家族葬のような小規模の葬儀であれば、会場費が必要ない分だけ安くなります。

 

・集会場や公民館の場合

共同住宅にある集会場や、自治体が保有する公民館などで葬儀を行うこともできます。
使用料は比較的リーズナブル。ただし、利用時間の制約、マイクや音楽の使用に制限のあることも多いので、使用する際には規約の確認を忘れないようにしてください。

 

・葬儀社の式場、貸式場の場合

式場の中には、葬儀社が保有・運営する式場、公営の式場、寺院が運営する貸式場があります。
宗旨・宗派の制限、生花や料理の持ち込み制限、宿泊施設の有無、駐車場の有無など、それぞれ特徴がありますので、優先順位を付けたうえで決定すると良いでしょう。

 

・寺院の本堂・教会の場合

菩提寺の本堂や、所属する教会で葬儀を行うこともできます。ただし、葬儀費用はかさむ場合もありますので相談して決めましょう。